ホーム > あゆみ

あゆみ

2018年7月15日 日曜礼拝(音声)

2018年7月15日

2018年7月15日 礼拝説教要旨

2018年7月15日

 まことの神の家

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第7章44-50節

 

主題聖句:けれども、いと高き方は人の手で造ったようなものにはお住みになりません。                        

 使徒言行録 第7章48節

               

教会がまことの神の家というのは、建物が立派さによってでも、また長い伝統によってでもありません。まことの神の家にふさわしい教会であるためには、礼拝する者がここにまことの神様がおられると信じて、神の言葉に基づいた礼拝をささげるのでなければならないと思います。

 

有力な説教者ステファノは、ユダヤ人たちから「お前は聖なる所をけなしている」と訴えられて、その問題に対して聖書に基づいて弁明しました。ステファノから見れば、ユダヤ人指導者たちが、エルサレムの神殿を誇っているけれども、ちゃんと正しく神を礼拝しているのか疑問であったのです。

 

それで、彼は、旧約時代において神殿がなかった時代があったこと、その時に幕屋があったことを明らかにします。幕屋とは、荒れ野で神を礼拝するための組み立て式の礼拝所でした。しかも神からモーセに設計を示され指示通りに造られたものです。その幕屋で人々は神に近づき、神とお会いして、神の言葉である神の戒めの刻まれた石の板を納められた神の箱の上で礼拝していました。礼拝の仕方は幕屋の時代から神殿になっても変わっていません。だからステファノは言うのです。神殿という建物は人の手で造られたものですから、いと高き神がそこにお住みにはなりません。神殿は、神の民の礼拝のために神の与えられた場所に過ぎないのです。大事なことは神の言葉に従って礼拝することなのです。

2018年7月15日 日曜礼拝(動画)

2018年7月15日

2018年7月8日 日曜礼拝(動画)

2018年7月13日

2018年7月8日 礼拝説教要旨

2018年7月8日

 神の民の大きな罪

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第7章39-43節

 

 

主題聖句:彼らが若い雄牛の像を造ったのはそのころで、この偶像にいけにえを献げ、自分たちの手で造ったものをまつって楽しんでいました。

                            使徒言行録 第7章41節

               

私たちは、神様から愛され救って頂いたことが分かり、安心し神様を信じました。そうして始まる信仰生活は、神様の救いに感謝して神様のみ思い(み言葉)に添うように生活していく生活です。でも、いつのまにか私たちは神様の愛を当たり前のように思ってしまい、神様のみ思いに従うことが出来なくなってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

有力な説教者ステファノが長々と弁明をする中で、ステファノが神の律法を冒涜していると訴えるけれども、実は彼らユダヤ人こそが、律法に従わないで、罪を犯していると指摘して始めたのです。

 

その弁明の中で、イスラエルの先祖たちが、モーセに従おうとせず、退け、エジプトをなつかしく思い始めたと語ったのです。それは、彼らが、シナイ山に登ったモーセが40日経っても下りてこないので、不安になったからだというのです。それで彼らはモーセの兄アロンに「わたしたちの先に立って導いてくれる神々を造ってください」と求めました。すると、アロンは彼らの圧力に負けて、人々から集めた金を使って鋳物の子牛を造ったのです。すると人々はその子牛を、自分たちを導いた神だと崇め、供え物を献げたのです。しかしそれは間違いでした。神を形ある見えるものにすることは神の望まれない大きな罪でした。このようなことにならないように、ステファノは私たちにも指摘しています

2018年7月8日 日曜礼拝(音声)

2018年7月8日

2018年7月1日午後 森下先生講演(音声)

2018年7月2日

2018年7月1日 日曜礼拝(音声)

2018年7月1日

2018年7月1日 森下辰衛先生の紹介

2018年7月1日

森下辰衛(もりした たつえ)先生の紹介

               

三浦綾子という人をご存知でしょうか。『氷点』や『塩狩峠』など、人間存在を問う数多くの作品を世に送り出された作家です。召天されて18年が経過してもなお、その作品は人々に大きな影響を与えています。

 

この度講師としてお迎えした森下先生は三浦綾子記念文学館 特別研究員であられますから、三浦綾子を知るためには最適な方です。これまで三浦綾子の数多くの作品を研究して来られた方のお一人です。その研究の中で、三浦綾子が、その作品を通して伝えようとしたことに魅力を感じ、その魅力を分かりやすく私たちに紹介されます。それは三浦綾子自身も経験した絶望や葛藤がそのままで終わらないで、希望を見いだしていくのだということを作品は伝えているのだということです。

 

また、先生は三浦綾子読書会代表でもあられます。2001年ごろから三浦綾子読書会を始められ、皆でその作品を読み、その作品から励まされたことを分かち合うことを推進しておられます。その読書会に参加された方々が、その作品を読む中で、真理、愛、希望、勇気を得ることが起こっていくのだそうです。その作品の中に出て来る人物の様々な人生の課題を自分の問題として読み、じっくりと考えていくことで有意義な体験をするのだそうです。

 

この度、森下先生が語られるお話を通して、三浦綾子の心、思いを聞き、自分に何かを語りかけてくれているのではないかと考える機会として頂ければ幸いだと思います。                           (文責:三好晴夫)

2018年7月1日 日曜礼拝(動画)

2018年7月1日

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る