ホーム > あゆみ

あゆみ

2018年5月20日 礼拝説教要旨

2018年5月20日

聖霊の降臨

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第2章1-11節

すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。        

 使徒言行録 第2章4節

               

本日は、聖霊降臨日です。待っていた弟子たちの上に、約束通りに聖霊が降り、聖霊に満たされた彼らが大胆に主イエス・キリストを宣べ伝えたので、そのメッセージを聞いた人々が救われ、信じる者の群れが誕生したことを覚える日です。それゆえ、教会の誕生日とも言われます。

 

今日の聖書箇所を見ますと、弟子たちなど120名の人たちが集まって心合わせて熱心に祈っていました。そして五旬祭というユダヤの祭の日にも祈り続けていたところ、その日に聖霊が降ったのです。その様子は、彼らが祈っている所に、突然激しい風が吹いてくるような音が天から聞こえ、炎のような舌が分かれ分かれに現れて、一人一人の上に留まりました。それらは、聖霊がどのように現されたかを表わしたしるしでした。すると、一同が聖霊に満たされ、聖霊が語らせるままに、ほかの国の言葉で話し出したのです。神の霊に促されるようにして、大胆に神の偉大な御業を語り出したのです。それまでの彼らは、恐れ惑ってばかりいました。そんな彼らが、今、聖霊に満たされ、大胆にしかも、ほかの国の言葉で語り出したのです。神の聖霊のなされた御業です。

 

その物音を聞きつけた人々は、何事が起ったのかと気になって集まってきたところ、そこで弟子たちが大胆にしかも自分たちに分かる言葉で神の御業を語るのを見て聞いて、非常に驚いたのです。彼らの語る言葉を理解できたからです。今、み言葉を理解できるのも聖霊の御業です。

2018年5月20日 日曜礼拝(音声)

2018年5月20日

2018年5月20日 日曜礼拝(動画)

2018年5月20日

2018年5月13日 日曜礼拝(動画)

2018年5月20日

2018年5月13日 礼拝説教要旨

2018年5月14日

聖霊を受ける備え

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 1章12-26節

 

主題聖句:彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。    

使徒言行録 第1章14節

               

主イエスが天に上げられ姿が見えなくなりました。そこに現れた天使たちに励まされて、弟子たちは今自分のなすべきことを思い起こし、約束の聖霊を受ける備えを始めたのです。

 

その一つが、祈って約束の聖霊を待つことでした。彼らはエルサレムに戻り、泊まっていた家の上の部屋に集まって祈り続けたのです。

 

その祈りは、心を合わせての祈りでした。それぞれ個人個人に祈るのではなく、心を合わせて祈ったのです。そこには、イスカリオテのユダを除く11人の弟子たちがいました。最後まで主イエスにそばにいた婦人たちがいました。イエスの母マリアとイエスの兄弟たちもいました。色々な背景の違う人たちが心合わせて祈ったのです。それは彼らに復活された主イエスは現れて、イエスが真の救い主と信じるようになっていたからです。彼らは主イエスの語られた教え、その御業、特に十字架と復活の御業を覚えて、その恵みを思い、心合わせて祈ったのです。

 

しかも熱心に祈っていたのです。祈りに打ち込んでいたのです。彼らは主イエスを天に送り、これから自分たちはどうしたらよいかと、祈るどころではない忙しさもあったでしょう。しかし、彼らはひたすら祈りに打ち込んでいたのです。祈りこそ、突破口を開くかぎと信じていたからです。祈って約束の聖霊を待つことが今なすべきことと信じ、祈りながら待ったのです。私たちも聖霊を受けるために熱心に祈り続けよう。

2018年5月13日 日曜礼拝(音声)

2018年5月14日

2018年5月6日 礼拝説教要旨

2018年5月6日

わたしを愛するか

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第1章3-11節

 

主題聖句:そして、彼らと食事を共にしていたとき、こう命じられた。「エルサレムを離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい。                       使徒言行録 第1章4節

               

今年のペンテコステ主日(聖霊降臨日)は2週間後の5月20日です。この日、待ち望んでいた主イエスの弟子たちに聖霊が降って、力を受けて、人々にキリストを大胆に伝え、教会が誕生したことを記念します。2週間前の今日は、恐れで一杯であった弟子たちのために主イエスが聖霊を送る約束をされ、励まされたのかを学びたいと思います。

 

3節を見ますと、主イエスは苦難を受けて死なれましたが、その後、復活されました。生きておられるその姿を40日にわたって弟子たちに現され、神の国について教えられました。主イエスが彼らと共に食事をしておられるとき、語られたのが上記の言葉です。エルサレムにとどまって父なる神の約束された聖霊を待ちなさい、もう間もなく聖霊が授けられるから、と語られたのです。

 

聖霊が送られるという約束は、旧約聖書ヨエル書に「わたしはすべての人にわが霊を注ぐ」と約束され、主イエスもヨハネ福音書14章26節に「弁護者、すなわち、父がわたしの名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、わたしが話したことをことごとく思い起こさせてくださる。」と約束されました。彼ら使徒たちは恐れの中にありましたから、主イエスの証人となるために聖霊による励ましが必要なのです。私たちも主の証人として歩むために聖霊を祈り求めよう。

2018年5月6日 日曜礼拝(音声)

2018年5月6日

2018年5月6日 日曜礼拝(動画)

2018年5月6日

2018年4月29日 礼拝説教要旨

2018年4月29日

わたしを愛するか

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第21章15-19節

 

暗礁聖句:三度目にイエスは言われた。「ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか。」ペトロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。そして言った。「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます。」イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。       

ヨハネによる福音書 第20章17節 

               

主イエスがもしあなたや私に「○○さん、あなたはわたしを本当に愛していますか」と3度も繰り返して問われたとしたらどう思われますか。その様な問いかけを、弟子のシモン・ペトロは主イエスから受けたのです。「あなたはこの人たち以上にわたしを愛しているか」と。

主イエスは彼のことをずっと愛してこられました。私たち人間をどこまでも愛され死に至るまで愛し抜かれたお方です。愛し信頼されているお方が「わたしを愛しているか」と問われているのです。この問いに対して、ペトロは「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることはあなたがご存じです。」と主イエスが分かってくださっていますと答えました。すると、繰り返し「わたしを愛しているか」と問われたので、彼は悲しくなったのです。それはこの私の愛を信じてもらえないから悲しいのではありません。自分の愛の小ささ、弱さに気づかされて悲しいのです。愛のない自分に向けてなおも主イエスが愛を問うておられます。主イエスは本当に愛して下さっている、赦して下さっている、信じて下さっているのです。主イエスは私たちをも愛して下さっているのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る