ホーム > あゆみ

あゆみ

2017年5月21日 礼拝説教要旨 

2017年5月21日

最も重要な戒め

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第12章28-34節

 

主題聖句:そして、『心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして神を愛し、また隣人を自分のように愛する』ということは、どんな焼き尽くす献げ物やいけにえよりも優れています。」

マルコによる福音書1233

              

「あらゆる掟のうちで、どれが第一でしょうか」。神の掟は、本来は神から人間が健やかに生きる道として与えられたものです。しかし、人がその掟を一生懸命守ろうとするあまり、守ろうとして掟が増えて多くなり、しかもどれも守らなければならなくなり、どれが大切な戒めかよく分からなくなっていたのです。それで、律法学者は、主イエスに尋ねたのです。

 

すると、主イエスは、神を愛し、隣人を愛するこの2つの戒めが一番重要だと答えられました。神を愛すること。それは、神が私たち人間を創造され、愛され救い出して下さったのだから、全身全霊をもって神を愛さなければならないのです。もう一つは、隣人を愛することです。隣人とは、私たちと同じように神によって創造され愛されている存在です。彼らを自分のように愛すべきなのです。自分が神から愛されているようにその人も神から愛されているのだから、その人を愛するのです。この2つの戒めが最も大切な戒めだと主イエスは言われました。

 

しかし、神を愛し隣人を愛することを本気で実行することは簡単ではありません。守ることができず、神から遠い存在である私たちです。そんな私たちのために、主イエスは十字架に向かわれるのです。「あなたは神の国から遠くない」と呼びかけ、神の愛の中に招いてくださるのです。

 

2017年5月21日 日曜礼拝(音声)

2017年5月21日

2017年5月21日 日曜礼拝(動画)

2017年5月21日

2017年5月14日 礼拝説教要旨

2017年5月14日

生きている者の神

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第12章18-27節

 

主題聖句:イエスは言われた。「あなたたちは聖書も神の力も知らないから、そんな思い違いをしているのではないか。死者の中から復活するときには、めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのだ。

 マルコによる福音書122425

 

 私たちは、より充実した日々を過ごそうと励んでいますが、いつか死の時が来ます。死んだ後どうなるのでしょうか。

 

ある時サドカイ派の人々が主イエスに質問しました。彼らは現世だけがすべてで、死後の復活も死後の裁きもないと考えていました。その質問は長男が子なしに妻を残して死んでしまった。次男から始まって6人の弟がその妻と結婚したが、その兄弟も子を残すことはなく死んでしまった。もし復活があるとすれば、この婦人は誰の妻となるのか、というものでした。

 

主イエスはその質問に対して、あなたがたは聖書の言葉の表面だけを見て議論していて、聖書を人間を正し、生かし、支えてくれる力があると知ろうとしていないと嘆かれました。その上で、復活はこの世界の延長線ではありません。天国はこの地上とは全く違い、結婚も出産も病気も老いることも死ぬこともありません。きよめられて、一人一人が直接キリストと神に結ばれて永遠の祝福の中に生きるのです。天上の体、霊の体に変えられて神の前に生きるのです。

 

神は永遠に生きておられ、私たちを愛し私たちの神となって下さる。生きている時だけでなく死後も神の前に生かされる、と教えられたのです。

 

2017年5月14日 日曜礼拝(音声)

2017年5月14日

2017年5月14日 日曜礼拝(動画)

2017年5月14日

2017年5月7日 日曜礼拝(音声)

2017年5月8日

2017年5月7日 礼拝説教要旨

2017年5月8日

神のものは神に返しなさい

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第12章13-17節

主題聖句:イエスは言われた。「皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返しなさい。」彼らは、イエスの答えに驚き入った。

 マルコによる福音書1217

 

 

 「皇帝に税金を納めるべきでしょうか。納めてはならないのでしょうか。」と納税反対派と納税賛成派が一緒になって主イエスに尋ねて来たのです。どう返答するかによって、主イエスを陥れようとの下心のある質問 でした。

 

主イエスは直接答えられず、彼らにデナリオン銀貨を持って来させて、「その銀貨には誰の肖像と銘があるのか」と尋ねられ、その銀貨をよく確認するように求められました。

 

その銀貨には、皇帝の肖像と銘がありました。そして銀貨に皇帝の肖像と銘があることは、皇帝の権威と支配を示しており、皇帝の支配によって経済流通の秩序が支えられていることを示していたのです。そのように皇帝の権威と支配によって支えられているのであれば、皇帝の恩恵に対して税金によって返していくべきと主イエスは答えられたのです。

 

それに加えて、「神のものは神に返しなさい」と言われました。「神のもの」とは、神の権威と支配の及ぶところです。神の造られたものすべて、神によって創造された私たち人間も神のものです。皇帝も神のものです。私たち人間が神のものですが、主イエスの犠牲によってなお一層神に近づけられています。神のものとされていますから、神に感謝し歩むのです。

 

2017年5月7日 日曜礼拝(動画)

2017年5月8日

2017年4月30日 礼拝説教要旨

2017年4月30日

ぶどう園のたとえ

三好 晴夫 牧師

マルコによる福音書 第12章1-12節

主題聖句:まだ一人、愛する息子がいた。『わたしの息子なら敬ってくれるだろう』と言って、最後に息子を送った。

 マルコによる福音書166

 

 ユダヤの指導者たちが主イエスに向かって、何の権威で、その教えやその働きをするのか、だれがそのような権威を与えたのか、と尋ねました。それに対する答えを、主イエスはたとえによって示されました。

 

そのたとえが、マルコ12:1~11です。「ある人」は父なる神を表し、「農夫たち」は神の民イスラエルを表しています。イスラエルの民は神から良く準備された素晴らしい環境を与えられ、よく世話をすることを期待されていました。時が経ち、神に収穫をささげるべきとき、イスラエルの民は神から遣わされた預言者たちを侮辱し、殺してしまいました。イスラエルの民は神を忘れ、神の言葉を退け、自分が主人となろうとしたのです。

 

そういう侮辱を受けてもなお神はイスラエルの民に働きかけられます。最後に愛する息子を送るのです。「わたしの息子なら敬ってくれるだろう」と誠意をもって彼らを信頼し期待して愛する息子を送り出すのです。彼らが神を敬ってくれることを願っての行動です。

 

しかし、たとえでは「農夫たち」はその神の思いをあざ笑うかのようにその息子を殺してしまいます。このたとえは神の御子イエスを殺してしまうことを暗示していました。けれども神はこの殺された息子の死と復活をもって、救いを成し遂げられるのです。人の目には不思議な御業です。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る