ホーム > あゆみ

あゆみ

2019年3月24日 礼拝説教要旨

2019年3月24日

 受難の予告

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第9章18-27節

 

 

主題聖句:このように言われた。「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日目に復活することになっている。」

ルカによる福音書 第9章22節

        

この時、主イエスの評判は広まって人々が主イエスのもとにぞくぞく集まって来ていました。が、ユダヤの宗教指導者たちの批判も高まり、前途は暗雲が立ち込めつつありました。人々の中には不安や恐れを感じて離れていく人々もありました。そんなとき、主イエスは深い熟慮の末、弟子たちにご自分のことをどう受け止めているかお尋ねになりました。

 

まず群衆はわたしを何者と言っているかとお尋ねになりましたら、彼らは、人々はイエスを神から遣わされた偉大な預言者で、特別な力を思っていると評価していると答えました。その上で、主イエスは「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」と尋ねられると、ペトロは「神からのメシアです」と答えました。

 

つまり、神から遣わされた来るべき救い主であると告白したというのです。こう答えたのは、弟子たちが主イエスのそばでお仕えする中で、主イエスのなさる大いなる御業を見て、真の救い主に違いないと信じたからです。弟子たちのこの信仰の告白を聞かれた主イエスは、それまで心の中に秘めておられたことを今語り始められたのです。即ち、ご自分がどのような使命を持つ救い主であるかを隠さずに語り出されたのです。ユダヤ指導者たちに苦しめられ殺され、三日目に復活する。それは神に逆らう人間の罪を背負って救う神の御計画を成し遂げるためです。

2019年3月17日 日曜礼拝(音声)

2019年3月24日

<

2019年3月24日 日曜礼拝(音声)

2019年3月24日

<

2019年3月24日 日曜礼拝(動画)

2019年3月24日

2019年3月17日 礼拝説教要旨

2019年3月17日

 神の国は来た

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第11章14-26節

 

  主題聖句:しかし、わたしが神の指で悪霊を追い出しているのであれば、神の国はあなたたちのところに来ているのだ。」  

ルカによる福音書 第11章20節

        

主イエスは、愛をもって人に寄り添って行かれましたが、皆に受け入れられたわけでなく、誤解されたり、攻撃を受けることもたびたびありました。主イエスが悪霊を追い出して癒しを行われたことに対して、その時代の人々はどのように理解したかというと、驚いた人々もありましたが、「あの男は悪霊の頭ベルゼブルの力によって悪霊を追い出している」と侮辱する人もありました。

 

非難する彼らの思いは、悪を克服するためには、より大きな強い力でそれを制するのだろう、という程度の理解でした。でも、その理解が正しいのであれば、主イエスがなさったことは、悪霊の親玉が子分の悪霊を追い出したという内輪もめが起こったことになります。

 

主イエスはそんなことが起こったのではない、とはっきり反論されました。そうではなく、主イエスは、わたしが神の指によって悪霊を押し出しているのなら、神の国はあなたたちのところに来ているのだと明言されました。悪霊を追い出す御業が表わされたことによって、神の国が来ていることが証しされたのだというのです。「神の指」とは、神の絶大な力が発動されたことを示す言葉です(出エジプト18:15)。このような神の力が悪霊を打ち破り、神の国が来たことを表したのです。人を苦しめているものに立ち向かわれるお方が、私たちと共におられます。

2019年3月17日 日曜礼拝(動画)

2019年3月17日

2019年3月10日 日曜礼拝(動画)

2019年3月10日

2019年3月10日 礼拝説教要旨

2019年3月10日

 ただ主に仕えよ

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第4章1-13節

 

    主題聖句: イエスはお答えになった。「『あなたの神である主を拝み、ただ

主に仕えよ』と書いてある。」 

ルカによる福音書 第4章8節

        

 

教会の暦では、受難節に入っています。4月21日のイースター(復活祝日)前日までの6週間、主イエス・キリストの十字架に向かわれる歩みを思い、その苦しみとそこに込められた御愛を覚える時です。

 

今日は、主イエスが荒れ野で誘惑を受けられた個所です。その誘惑の一つ目が、主イエスが荒れ野で40日間何も食べずにいた後にありました。悪魔は主イエスに、神の子なら、この石にパンになるように命じたらどうかと迫ったのです。悪魔は、主イエスに、あなたは神の子の力を持っているのだから、その力を自分のために使ったらいいと、神との関係を断ち切って自分独自に生きるように迫って来たのです。それに対し、主イエスは「人はパンだけで生きるものではない」と書いてあると、答えられたのです。その言葉は申命記8章3節の言葉でした。旧約時代、イスラエルの人々が荒野での40年の旅で、苦しみの時、主から天からの食べ物で助けられました。彼らが神に信頼して助けを受けたように、そのように、主イエスはご自分も神に信頼して生きると答えたのです。

 

二つ目の誘惑は、悪魔が主イエスに世界のすべての国々を見せて、その国々の権力と繁栄を与えるから、わたしを拝めというものでした。これは、主イエスに、全世界の権力と栄光を一手に握って世界の王となるようにという誘惑です。主イエスの答えが、上記の言葉です。イスラエルの人々に語られたこの命令のように、ただ主に仕えると表明された。

2019年3月10日 日曜礼拝(音声)

2019年3月10日

<

2019年3月3日 礼拝説教要旨

2019年3月3日

 五つのパンと二匹の魚

三好 晴夫 牧師

ルカによる福音書 第9章1-12節

 

主題聖句:      すると、イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、天を仰いで、それらのために賛美の祈りを唱え、裂いて弟子たちに渡しては群衆に配らせた。            

ルカによる福音書 第9章16節

        

福音書には、主イエスのなさった驚くべき御業が数多く記されていますが、その中でこの五千人の給食の奇跡は、マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの4つの福音書に記されています。それほどに、弟子たちにとって忘れがたい記憶に残る出来事であったのでしょう。

 

始まりは、弟子たちが伝道旅行から帰って来たので、主イエスは彼らを連れて静かな場所に退かれ、それを知った群衆が後を追ってきたことからです。その時、主イエスはこの人々を親しく歓迎し、教え、治療の必要な人々を癒やされました。そうするうちに日が傾きかけたので、弟子たちはそばに来て、群衆を解散させ、各自で宿を取り、食べ物を見つけるように主イエスに進言しました。ところが、主イエスは弟子たちに「あなたがたが彼らに食べ物を与えなさい」と言われたのです。弟子たちは自分たちにはパン五つと魚二匹しかないと告げました。これではとても多くの人々には足りないと思ったからでした。

 

すると、主イエスは弟子たちに、人々が50人ずつ組みにして座らせるように指示され、その上で五つのパンと二匹の魚を取って天を仰いでそれらのために讃美の祈りを唱え、裂いて弟子たちに渡し、群衆に配らせました。すべての人々は食べて満腹したのです。このことは主イエスこそ人々の命を養われる救い主であることを示しています。

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る