ホーム > あゆみ

あゆみ

2018年8月19日 礼拝説教要旨

2018年8月19日

 聖霊の導きに従う

三好晴夫 牧師

使徒言行録 第8章26-40節

 

主題聖句:そこで、フィリポは口を開き、聖書のこの個所から説きおこして、イエスについて福音を告げ知らせた。   

使徒言行録 第8章35節

 

一人の人がキリスト者になる時には、その求める人と伝える人とが神の導きによって出会い、この二人の間でキリストの恵みが分かち合われて、その恵みが受け入れられるという出来事が起こっています。その出会いの不思議さは、まさに神ご自身の御業というほかありません。

 

本日の聖書箇所にも神の導きによって与えられた不思議な出会いが記されています。キリスト者フィリポが、主の使いによってエルサレムからガザへの道に下る道に行けと命じられて従ったことでこの出会いが始まりました。彼がそこに行ったところ、折しもエチオピアの女王の高官で、女王の全財産を管理する宦官が馬車に乗ってエルサレムで神様を礼拝して帰っている途中でした。宦官は、聖書の神を信じ、聖書をよく読んでいた人で、その時も馬車の中で声を出して聖書を読んでいました。その時、神の霊に押し出されて、フィリポは馬車の中の人に会うために、馬車に近寄ったら、その宦官が聖書を声を出して読んでいる声が聞こえてきました。その聖書箇所は、イザヤ書の中の、罪人の代わりに罪を背負って苦しみ贖いの業を成すしもべの預言でした。

 

宦官から、この預言は誰のことを言っているのか説明を求められたので、フィリポは、この苦難のしもべの預言は、イエス・キリストによって実現したと伝えたのです。聞いた宦官はイエスを信じ喜びにあふれて旅を続けました。聖霊の導きによって宦官は喜びを得たのです。

2018年8月18日 日曜礼拝(動画)

2018年8月19日

2018年8月12日 日曜礼拝(動画)

2018年8月12日

2018年8月12日 礼拝説教要旨

2018年8月12日

聖霊を受けるように

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第8章14-25節

主題聖句:人々は主イエスの名によって洗礼を受けていただけで、聖霊はまだだれの上にも降っていなかったからである。

                                           使徒言行録 第8章16節

 2千年前、約束の聖霊が主イエスの弟子たちに降り、確信に満ちた彼らが主イエスの福音を伝え始めた時から、聖霊の働きが大きく始まりました。聖霊は、父なる神と御子キリストから遣わされる神の霊です。この霊の働きによってこそ、私たちは神様が分かり、信じることができるのです。この聖霊こそが、仲違いしている人々を一つにするのです。

 

今日の箇所には、今まで仲違いしていたサマリアの人々が何と神の言葉を受け入れ、主イエスを信じたというニュースを聞いた、エルサレムの使徒たちが、サマリアにやって来て起こったことが記されています。

 

エルサレムの使徒ペトロとヨハネが見たのは、彼らサマリアの信仰者たちが主イエスの名によって洗礼を受けているが、聖霊が誰にも降っていない状況でした。どうしてなのか、詳しいことはわかりません。でも、サマリアの人々の信仰が不完全だったからだとも記されていません。その状況を見たペトロとヨハネが彼らの上に手を置いて祈ると、彼らは聖霊を受けたのです。それまで聖霊の導きが彼らにあったからこそ、彼らも主イエスを信じたはずです。さらに、もっと明らかな聖霊の導きとして外から見ても新たな力が与えられたとわかるような変化があったのです。そのことによってサマリアの信仰者も同じキリストの体であることが明らかにされました。この聖霊の導きを私たちも頂いています。

2018年8月12日 日曜礼拝(音声)

2018年8月12日

2018年8月5日 礼拝説教要旨

2018年8月11日

 キリストはわたしたちの平和

三好 晴夫 牧師

エフェソの信徒への手紙 第2章14-22節

 

主題聖句: 実に、キリストはわたしたちの平和であります。二つのものを一つにし、御自分の肉において敵意という隔ての壁を取り壊し、

エフェソの信徒への手紙 第2章14節

 

8月第一主日、平和主日として真の平和を共に祈りたい。第二次世界大戦が終わって73年が経過した。その戦争は世界中を巻き込み、悲惨なものだったと戦争体験者は語る。広島の原爆慰霊碑の碑文に「安らかに眠ってください。もう過ちは繰り返しませぬから。」とある。この過ちは繰り返してはいけない。73年間日本では大きな戦争はなかったが、日本に常駐するアメリカ軍は世界各地に軍隊を送って来た。日本の自衛隊も防衛の名のもと軍事訓練を続けている。日本もいつ攻撃を受けるか分からない。戦争の火種は、外側からだけでなく、人間の心の中にもある。争う心、人を憎み、虐げる思い。そういう思いがなくなり、赦し合うように真の平和を求めたい。

 

エフェソ書2章14節に「実にキリストはわたしたちの平和であります。」とある。キリストが真の平和を与えて下さる方である。しかし、私たち人間の現実には、平和を妨げるものがある。敵意という隔ての壁がある。その敵意となっているのが、律法である。これは悪いものではなく、人間の歩むべき正しい道を示すものなのに、お互いを裁くものになっている。人と神との平和な関係を妨げて来た。しかし、キリストがご自身の血によって敵意という壁を取り除いて下さった。神と人とが和解されて神の前に赦され、人同士が和解できるように道を開かれた。

 

2018年7月29日 礼拝説教要旨

2018年8月11日

 ステファノの死によって

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第8章1-8節

 

 

主題聖句: その日、エルサレムの教会に対して大迫害が起こり、使徒たちのほかは皆、ユダヤとサマリアの地方に散って行った。

使徒言行録第8章1節

 

病気や事故など予期しない苦難に遭うことがあります。その苦難の時は大変つらいですが、時間が経ったあと、その苦難を通して本来歩むべき方向へと道を正されたと受け止められるようになることがあります。

 

エルサレムに誕生した教会は、ステファノの殉教をきっかけに大きな迫害が起こりました。ステファノの態度に怒りを感じたユダヤ人たちがステファノだけでなく、ステファノの仲間を捕えて牢に入れ、殺そうとしたのです。

 

この迫害を受けたのは、主にステファノと同じギリシャ語で礼拝を守っていたキリスト者たちであったようです。12使徒たちはヘブライ語で礼拝して居たので比較的迫害が少なかったのかもしれません。使徒たちは責任を感じてエルサレムに留まっていたのでしょう。その結果、使徒以外の迫害を受けたキリスト者たちは迫害の手を逃れて、エルサレムを離れてユダヤとサマリアの地方に散らされて行きました。

 

しかし、このように激しい迫害を受けて他の地方に移った人々は、自分が主イエスを信じていることを隠そうとはしませんでした。どこから来たのかと聞かれたら、正直に答え、それを機会にキリストの福音を宣べ伝えたのです。それを聞いて、救われる人も起こりました。この事実を見る時、迫害は辛いですが、それによって神の導きがあるのです。

2018年7月29日 日曜礼拝(音声)

2018年8月11日

2018年7月29日 礼拝説教(動画)

2018年8月11日

2018年7月22日 礼拝説教要旨

2018年7月25日

  その方を信じる

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第7章51-60節

 

主題聖句:人々が石を投げつけている間、ステファノは主に呼びかけて、「主イエスよ、わたしの霊をお受けください」と言った。

使徒言行録第7章59節

 

主イエス・キリストは天に帰られるとき、地上に残す弟子たちと信じる者たちに、主イエスの現わされた愛と救いを伝えていく役目を託されました。約束の聖霊が彼らに与えられた時から、その働きが力強く始まりましたが、反対もありました。信仰者ステファノも大胆に福音を伝えたため、最高法院に連れ出され、厳しい尋問を受けました。その弁明としてステファノは、旧約時代の歴史を紐解きながら丁寧に神様の約束に従うことの祝福をまず語り、続いて、イスラエルの先祖たちが預言者たちの語る戒めに従わなかったことも語りました。そして目の前の人々に、神の遣わされるメシアを預言する預言者の言葉に聞き従わず、正しい人(イエス)を殺したことをはっきりと指摘したのです。彼がそうしたのは、彼らに悔い改めて救われてほしいと願ったからでした。

 

しかし、ステファノの指摘を聞いた最高法院の議員たちは、激しい怒りに駆られてステファノに歯ぎしりをしたのです。けれども、彼は、天におられる父なる神とキリストを見つめ、「人の子が神の右に立っておられるのが見える」と言ったのです。彼の言葉を神への冒涜を思った人々は逆上し彼を外に連れ出し処刑しました。けれども、彼は処刑を受ける中、自分の命を神様にゆだね、自分を殺す者のために祈ったのです。まさに主イエスのようです。すべてをご存知の主を信じゆだねたのです

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る