ホーム > あゆみ

あゆみ

2020年1月19日 礼拝説教要旨

2020年1月20日

 来なさい。そうすれば分かる

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第1章35-51節

 

 

主題聖句: イエスは、「来なさい。そうすれば分かる」と言われた。そこで、彼らはついて行って、どこにイエスが泊まっておられるかを見た。そしてその日は、イエスのもとに泊まった。

             ヨハネによる福音書 第1章39節

 

最初にイエス・キリストを救い主と信じる信仰を持った人、それは、洗礼者ヨハネの弟子たちですが、どのように信じるようになったのか。

 

洗礼者ヨハネが主イエスを見つめて、「見よ、神の小羊だ」と証言したので、それを聞いたヨハネの弟子たちは深く心揺り動かされ、この方をもっと知りたいと、イエスのあとに従いました。その姿を見たイエスは振り返り、「何を求めているのか」と尋ねられました。こう問われた彼らは「ラビ、どこに泊まっておられるのですか」と尋ねました。彼らは、今こんなところで立ち話でわかるものではないという思いがあったのでしょう。どこまでもイエスについていくことによって、得ることができると考えたのでしょう。それで先生の泊まっているところに自分も行きたいと求めて尋ねたのでしょう。

 

すると、イエスはこう言われました。「来なさい。そうすれば、分かる」と。この言葉は、御自分の泊まっている場所がどこか、来てみたら分かりますという意味だけのものではなく、まずイエスを信じて、イエスのおられるところにとどまりなさい、そうすればイエスがどんな方か分かります、という意味も込められています。神様が分かり、救い主が分かるのは、まず信じてみることです。信頼してみて分かるのです。

 

2020年1月19日 日曜礼拝(音声)

2020年1月20日

<

2020年1月19日 日曜礼拝(動画)

2020年1月20日

2020年1月12日 礼拝説教要旨

2020年1月12日

 ヨハネの証し

三好 晴夫 牧師

ヨハネによる福音書 第1章29-34節

 

 

主題聖句: その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」

ヨハネによる福音書 第1章29節

 

洗礼者ヨハネは、主イエスが洗礼を受けられたとき、聖霊が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを見たので、この方が、神の御子救い主と確信し、証ししました。

 

ヨハネは、この方に向かって「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ」と紹介したのです。「神の小羊」とはどんな意味か、その背景にある旧約聖書の言葉を二つ見たいと思います。

 

一つは、過越しの小羊であられるということです。出エジプト記12章を見ますと、旧約時代、イスラエルの民はエジプトの王によって奴隷として虐げられていました。そんな彼らを神は救い出すために過越しの御業をされたのです。ある夜、神の使いが家々を訪れ、その家の入口に傷のない小羊の血が塗ってあるならそのしるしを見てその家の中の者を過ぎ越す。それがなければ、神から裁かれるのです。信じたイスラエルの民は過越しの小羊によって助けられ無事エジプトを脱出できました。

 

もう一つは、イザヤ書53章の苦難のしもべの預言です。一人の僕が人々の罪や過ちのために本来受けるべき神の裁きを代わって受けるというのです。その結果、人々は裁きを免れ、平安がもたらされる。ほふり場に引かれていく小羊のようにその人は口を開かない。そのような人物は、苦難の中何も言わないで十字架へと引かれて行かれたイエス・キリストの姿と重なります。ヨハネは、イエスこそ神の小羊と証ししました。

2020年1月12日 日曜礼拝(音声)

2020年1月12日

<

2020年1月12日 日曜礼拝(動画)

2020年1月12日

2020年1月1日 元旦礼拝 説教要旨

2020年1月5日

 宣教の始まり

三好晴夫 牧師

マタイによる福音書 第4章12-25節

 

 

主題聖句: そのときから、イエスは、「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言って、宣べ伝え始められた。

 

マタイによる福音書 第4章17節

 

新年の始めにマタイによる福音書4章12節~22節を、神様が私たちに与えられた御言葉としてこの御言葉の恵みを覚えたい。

 

宣教は、主イエスが公に救い主として福音を宣べ伝えたことによって始まりました。そのきっかけは洗礼者ヨハネが捕えられたことを主イエスが聞かれ、ガリラヤに退かれたことでした。ヨハネの力強い伝道は終わたので、主イエスは神の導きと確信しガリラヤに進んで行かれたのです。ナザレから離れて、主イエスはガリラヤのカファルナウムに来て住まわれたのです。それは預言者イザヤを通して言われていたことが実現すためであったのです。

 

その預言には、異邦人が多く住むガリラヤで「暗闇の住む民は光を見る」とありました。光を失い、希望もなく、絶望的な暗闇のような状態にある人々が真の光を見るのです。その預言どおりに主イエスがガリラヤ地域に光として現れ、そこに光を照らされたのです。

 

主イエスの宣教は、「天の国が近づいた」との宣言です。神様の国、すなわち、神のご支配がイエスという神の御子によって近づいているのです。イエスと共に神が近づいています。だから、「悔い改めよ」です。自分の内にある罪を認め、神様に向いて神様を認めなさいというのです。今も主イエスは私たちに呼びかけておられます。神の支配は主イエスによって近づいています。この方に心を向け神様に立ち返りましょう。

2020年1月5日 日曜礼拝(音声) 安井敏明牧師

2020年1月5日

<

2020年1月5日 日曜礼拝(動画) 安井敏明牧師

2020年1月5日

2020年1月1日 元旦礼拝(音声)

2020年1月4日

<

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る