ホーム > あゆみ

あゆみ

2020年8月9日 礼拝説教要旨

2020年8月9日

 神の正しい裁き  

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第2章1-5節

 

主題聖句:あるいは、神の憐れみがあなたを悔い改めに導くことも知らないで、その豊かな慈愛と寛容と忍耐とを軽んじるのですか。

                              ローマの信徒への手紙 第2章4節

 

他の人が良くないことをしているのを見たなら、私たちはすぐにその人の間違いが気になり、つい厳しく非難することがあるでしょう。身内ならなおさら言ってあげないと思い、指摘します。口に出さなくても心の中で、もうすでにその人を裁いています。人を裁く時の私たちは、自分は正しいと思い、相手の非を決めつけてひどく裁きます。しかし、しばらくして自分がそんなことを忘れてしまったように、平気で同じことをしてしまうことがあります。矛盾していますが、それが、私たち人間の正体です。

 

人を裁きながら、自分も同じことをしている者に対して、神はどうなさるでしょうか。「神はこのようなことを行う者を正しくお裁きになる」とパウロは言います。この「正しく」とは、真理に基づいてということです。神の裁きは、真理、神の御心に基づいて行われるということです。

 

自分は間違っていない、正しいと思っている人には、他の人とは違うと思い、余計に神は自分を裁かれることはないと思ってしまうところがあります。でも、神は裁かれないのではないのです。神は私たちを憐れみ、長く忍耐して裁くのをとどめておられるのです。悔い改めるのを待っておられるのです。そのことに気づかずにいて、人を裁いて自分は同じことをしても安心しているのではないでしょうか。神が寛容な愛を持って裁きを控えておられることを知って、心から悔い改めることができますように。

2020年8月9日 日曜礼拝(音声)

2020年8月9日

<

2020年8月9日 日曜礼拝(動画)

2020年8月9日

2020年8月2日 日曜礼拝(音声)

2020年8月3日

<

2020年8月2日 日曜礼拝(動画)

2020年8月3日

2020年8月2日 礼拝説教要旨

2020年8月2日

 神に何を願い求めるべきか  

三好 晴夫 牧師

ヤコブの手紙 第4章1-3節

主題聖句:何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか。あなた

がた自身の内部で争い合う欲望が、その原因ではありませんか。

                                   ヤコブの手紙 第4章1節

 

教会は、神の恵みにより主イエス・キリストの犠牲によって神との平和を頂いた者として、互いに愛し合う信仰の共同体となっているはずです。しかし、現実には、神よりの平和がないような有様ではないか、と著者ヤコブは教会に向かって指摘しています。「何が原因で、あなたがたの間に戦いや争いが起こるのですか」と問いかけています。

 

どうでしょうか。人と人とが争い合ったり、もめ事を起こしたり、人を攻撃したり、ねたんだりとぶつかり合い、時にはそれが大きくなってしまう現実が、世の中一般だけでなく、今日の信仰の共同体である教会においても起こっているのではないか。どこのだれかではなく、私たちの教会の中、さらには私たち自身の中にもこの争いが起こっているのではないか。このように争う原因は何か。「あなたがた自身の内部で争い合う欲望がその原因ではないか」と指摘しています。人間の欲望が争いの原因であるというのです。この「欲望」と訳される言葉は、一般に「快楽」「楽しみ」の意味です。その「快楽」「楽しい」を願う思いが心の内で欲望に変わり、その欲望に振り回され、周囲の人をも巻き込んで、皆を欲望に振り回して争い合うことが、教会においても起こることがあるのです。

 

この危険から私たちが身を守るためにどうすべきでしょうか。自分がそのような欲望に振り回されやすいものと認め、神に願い求めることです。

 

2020年7月26日 礼拝説教要旨

2020年7月26日

 罪とその結果 

三好 晴夫 牧師

ローマの信徒への手紙 第1章24-32節

主題聖句:そこで神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ、そのため、彼らは互いにその体を辱めました。

ローマの信徒への手紙1章24節

 

現在、ローマの信徒への手紙から、神の救いを自分のものとして受けるために、まず自分がその救いを頂けなければならないほど、この自分には深刻な問題(罪)があるのだということを学び始めています。

 

1章18節で、私たち人間の行った不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されるとあります。神は人間の罪に対して正しい理由で裁かれるというのです。なぜ裁かれるかというと、私たち人間は神を知っていながら、神をあがめず感謝せず思い上がって高慢になって、神の栄光を他のものに取り替えてしまう罪を犯しているからです。その私たちに対して神は裁かれるのです。

 

では、神はどんな裁きを下されるのでしょうか。24節に「神は、彼らが心の欲望によって不潔なことをするにまかせられ」とあります。26節に「彼らを恥ずべき情欲にまかせられました」とあり、28節では「彼らを無価値な思いに渡され」とあります。「まかせられる」とは、自由にされる、なすがままにされる、放っておかれると言う意味です。自由にされ良いようですが、自由であることで、人間は心の底にある欲望のままに引きずられてわがまま勝手なことをしてしまいます。これは神の裁きです。このままなら大変です。こんな私たちを忍耐深く愛される神の救いが必要です。

2020年7月26日 日曜礼拝(音声)

2020年7月26日

<

2020年7月26日 日曜礼拝(動画)

2020年7月26日

2020年7月19日 日曜礼拝(音声)

2020年7月19日

 人間の罪の現実

三好 晴夫 牧師

   ローマの信徒への手紙 

      

不義によって真理の働きを妨げる人間のあらゆる不信心と不義に対して、神は天から怒りを現されます。

ローマの信徒への手紙  第1章18節

 

 

いよいよこれから神の現された救いについて学びます。その救いが分かるためには、神が私たち人間をどんな状態にあるところから救おうとなさったのかを知らなければならないと、パウロは言います。私たち人間がどんなひどい状態にあるのかを知り、そんなところから神に救って頂いたのだと伝えなければというのです。それは、光の明るさを知るために、今ここで夜の暗さを学ぶということです。

 

実は、私たちは神を知るまでは、暗闇の中でどこにいるのか分からず迷子の状態であったのです。ですから、今、自分がそういう状態であることを教えられなければなりません。その後、主イエス・キリストを信じ救われることがどんなに大きな喜びなのか分かるようになるのです。

 

パウロは、私たち人間が光のない暗さの中にあるであることについて、上記の言葉を記します。「神は天から怒りを現されます」とは、神は正義の神ですから、人間の不信心と不義に対して正しく裁かれるということです。実際のところ、私たちは、真理である神を拒み、隣人を愛することをしないものでした。それ故に、神は正しく裁かれてもおかしくない現実の中にあります。神を知っても神をあがめず感謝もしていない私たちです。しかし、自分が負わなければならない私たちの罪に対して、神はその怒りを、私たちの上にではなく、御子の上に現されたのです。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る