ホーム > あゆみ

あゆみ

2017年12月10日 日曜礼拝(動画)

2017年12月11日

2017年12月10日 礼拝説教要旨

2017年12月11日

主の言葉を聞きなさい

三好 晴夫 牧師

エレミヤ書 第36章1-10節

 

主題聖句:「巻物を取り、わたしがヨシヤの時代から今日に至るまで、イスラエルとユダ、および諸国について、あなたに語ってきた言葉を残らず書き記しなさい。」         

エレミヤ書 第36章2節

 

  今日は教会の暦では待降節第二主日で、主題は、神の言葉を深く覚えることです。世界のベストセラーは聖書です。どうして多くの人に読まれているかというと、内容のすばらしさもありますが、聖書の言葉を一人でも多くの人に読んでもらおうと聖書を配っている人たちの努力があるからだと思います。では、そういう人々がそこまでして人々に聖書を届けようとするのでしょうか。それは、聖書の言葉に命があり、希望があり、人を救う力があるからです。皆さんも、これまでの経験の中で、聖書の言葉によって励まされ、元気をもらったという経験があるのではないでしょうか。自分が励まされたから、人にもぜひ味わってもらいたいのです。

 

ではどうして聖書の言葉に命があり、救う力があるのでしょうか。聖書には、神様が私たちを愛しておられ、救おうとしておられるということが書かれてあるからです。この神様の愛を知って救われてほしいという神様の願いが聖書に溢れているので、聖書のメッセージに耳を傾けるべきなのです。このエレミヤ書36章には、預言者エレミヤがこれまでずっと人々に伝え続けてきた預言(神の愛、人々の罪とその結果としての裁き、悔い改めの勧め)を書記官に記録させて再度人々に聞かせようとしたとあります。そうして人々が自分の罪に気づき立ち返ることを願ったからです。

 

2017年12月10日 日曜礼拝(音声)

2017年12月11日

2017年12月3日 礼拝説教要旨

2017年12月3日

主の救いが現れる

三好 晴夫 牧師

イザヤ書 第51章4-11節

 

主題聖句:わたしの正義は近く、わたしの救いは現れ わたしの腕は諸国の民を裁く。島々はわたしに望みをおき わたしの腕を待ち望む。

イザヤ書 第515

 

  2000年前に、救い主イエスがお生れになったとき、何の前触れもなく、突然にお生まれになったのではありませんでした。旧約聖書の昔から、預言者たちが、やがて救い主がお出でになり、救ってくださるとの預言を伝え、その預言を聞いたユダヤの人々はそれを希望にして目の前の苦しみに耐えて過ごしたのでした。そのように救い主を待ち望んだ彼らのもとに救い主がお生まれになったのです。今年のアドヴェント(待降節)の時、その姿に見倣って、救い主の御降誕を待望したいのです。

 

今日は待降節第1主日として、イザヤ書51章を読みます。当時のイスラエルの民は、自国を大国バビロンによって滅ぼされ、バビロンで捕囚の身となり、絶望と苦難の中にありました。その彼らに、大いなる希望が示されたのです。わたしの正義は近く、わたしの救いは現れ わたしの腕は諸国の民を裁く。」正義というと、正しい秩序、正しい裁きというように思われます。しかし、神の正義は人を生かすものです。神の救いそのものです。そのことは、苦難のしもべの預言に示されました。神はその裁きを人に負わせるのではなく、主のしもべの上に負わせて、人々を救い出すというのです。そこに示されているのは、人々を何としても救おうとされる神の大きな愛です。その神の救いが救い主によって現されるのです。

 

2017年12月3日 日曜礼拝(音声)

2017年12月3日

2017年12月3日 日曜礼拝(動画)

2017年12月3日

2017年11月26日 礼拝説教要旨

2017年11月26日

聖霊に満たされた人

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第6章8-15節

 

主題聖句: 最高法院の席に着いていた者は皆、ステファノに注目したが、その顔はさながら天使の顔のように見えた。 

 使徒言行録 第615

 

もし周囲の人から「あなたは、こんな大変な中、どうしてそんなに輝いているの。なぜ?」と言ってもらえたら、嬉しいですね。その時こそ、自分がどうして平安であり、喜びがあるのか証しできる機会となるかもしれません。

 

教会役員の一人に選ばれたステファノは「恵みと力に満ち、すばらしい不思議な業としるしを民衆の間で行っていた」ので、彼に反対する人も現れました。しかし、彼は知恵と聖霊によって語ったので、反対者は対抗できなかったのです。それでついにユダヤ教の指導者たちは彼を捕えて最高法院に訴えました。

 

その法院の席に着いていた人々は皆、ステファノがどのような反応をするのか、見つめていたところ、彼の顔はさながら天使の顔のように見えたというのです。ステファノは、人々の悪意や策略を受けても全く動じることがなかったのです。彼の顔が天使の顔のように、平安に満ちていたことを示しているのではないでしょうか。

 

主イエスは以前弟子たちに、権力者から尋問された時、何をどう言い訳しようか心配するな。言うべきことは聖霊がそのとき教えてくださると教えられていたのです。ステファノはその通りにしたのです。共におられる主を見つめていたのです。私たちも聖霊に満たされることを求めたい。

 

2017年11月26日 日曜礼拝(音声)

2017年11月26日

2017年11月26日 日曜礼拝(動画)

2017年11月26日

2017年11月19日 礼拝説教要旨

2017年11月19日

彼らに仕事を任せよう

三好 晴夫 牧師

使徒言行録 第6章1-7節

 

主題聖句: そこで、十二人は弟子をすべて呼び集めて言った。「わたしたちが、神の言葉をないがしろにして、食事の世話をするのは好ましくない。

                    使徒言行録 第62

 

人と人が共に生きていくために、互いに配慮し合うことが必要です。配慮し合うことがないならば、お互いがうまく調和が取れなくなってしまいます。キリスト教会という共同体においても、主イエス・キリストの恵みがすべての人々に行き渡るように配慮することが必要です。神のみ言葉と神の霊によって人々に慰めと励ましを与える配慮が必要です。

 

人の魂の配慮と共に人々の肉体の必要についても何らかの配慮をしなければならないことがあります。教会は初代教会の時から、人々の肉体にかかわる物質的な配慮も教会の務めとしてきました。すなわち、貧しく食べる物に困っている信者たちにお金や食べ物を分配していたのです。

 

しかし、人が行う配慮はうまく出来るとは限りません。今日の箇所は、その一つの大きな問題が起こったことが記されています。教会の中にギリシャ語を話すユダヤ人から、ヘブライ語を話すユダヤ人に対して苦情が出たのです。ギリシャ語を話すユダヤ人仲間のやもめへの日々の分配がおろそかにされているというものでした。そこで使徒たちは教会の人々を集めて一つの提案をしました。それは、使徒たちはあれもこれも全部負うことをせず、ふさわしい人々に任せ、使徒たちは祈りと御言葉の奉仕に専念するというものでした。祈り御言葉を伝えることは今も引き継ぐ使命です。

 

あゆみ

年間行事

お知らせ


関連リンク
日本アライアンス教団
松山のぞみ幼稚園

ページトップへ戻る